退職を決めてからのマナー|現役看護師の経験や情報を元にしたサイト〜看護師Bettyのお部屋〜

HOME   >   退職を決めてからのマナー

退職を決めてからのマナー

笑顔で退職するために気をつけたいこと

集合写真 退職は転職という新たなステージへの第一歩です。同僚や上司へ心をこめて気遣い、スムーズな退職を笑顔で成功させましょう。そのためにはどのような手続きを行えばよいでしょう。ポイントを押さえて整理してみましょう。

まず退職の意思を伝えることから始まります。民法では2週間以上前に退職の意思を伝えると定められていますが、実際の現場では3ヶ月以上前に、半年以上前に、と独自の就業規定が定められています。自分が今勤めている病院がどのような就業規定になっているのか転職する際には事前にチェックしておくことが必要です。

しかしこれはあくまで目安なので、実際転職する際には臨機応変に対応してくれるところも多々あります。いずれのケースでも退職することが決まったのなら、早めに上司へその旨を伝えることがベターです。

退職理由は素直に話していいの?

退職理由についてですが、これは正直に話しても構いません。転職先が既に決定している場合、入職日の都合上どうしても話さなければならない事情もあることでしょう。転職先の情報まで詳細に話す必要はありませんが、人間関係や職場の雰囲気が合わない等、本当の退職理由を話しづらい場合には「スキルアップのための転職です」等、ポジティブな退職理由を考えておくのも手です。

更に退職を伝えた際に、引き止められるということも頭に入れておきましょう。もしかしたら給与や勤務体系について、改善するという打開策を提示されることもあります。しかしその提示は必ずしも約束されたものと断言することは難しいため、上司の言葉を信じて転職を思いとどまったのに約束が違うじゃないか!という看護師が実際にいることも意識しておきましょう。

退職時のマナーとしてNGなのが、退職の意思を直属の上司以外にほのめかしたりすること。看護部長や同僚に転職の話題をすることはマナー違反です。更に職場の不満を退職理由にするのも避けたほうが無難です。引継ぎをする数ヶ月間、同じ職場で働く同僚との関係を保つためにも職場の人間関係については口を滑らさないことです。

新たな人生の門出に笑顔で退職、転職するためにも退職時のマナーはしっかり守って新しい一歩を踏み出しましょう。


次ページへ>>登録は無料。そのワケは?